はげは遺伝するの?

はげが遺伝するのが悩み

男性も女性も抜け毛や薄毛、はげで悩まされている人は多いです。
特に20代からの若い世代で悩まされている人にとってはその原因が気になる人も多いでしょう。

 

実ははげと遺伝は大きく関係していると見られており、インターネットでも「父親がはげている」「母親の家計にはげている人がいる」「祖父母がはげている」などの場合に60%とも70%ともかなりの高い確率で遺伝すると言われています。
これに加えて乱れた生活習慣やストレスなどの様々な要因により100%に近い確率ではげてしまうのです。

 

もちろんはげてしまう原因は遺伝だけではありませんが、医師でない限り原因を突き止めることは難しいため、原因が気になる場合は病院で検査してもらうことをおすすめします。

 

はげの遺伝を薬で防ぐ

病院の治療は男性で遺伝が原因の場合、抜け毛や薄毛を引き起こす原因である男性ホルモンを抑制する内服薬が処方され、この薬で多くの人の症状が改善したという例もあるようです。
しかし症状を放置しておけば症状はゆっくりと進行し、対策を始める時期が遅い程症状が改善するまでに時間がかかることを知っておかなければなりません。
遺伝が原因だとしても治療をすれば症状の改善は期待できるので過度に心配する必要はありません。

いわゆる「若はげ」の最も大きな原因は遺伝です

はげの遺伝がこわい

「はげは遺伝する」と言っても過言ではないようです。
早い人で20代の若い時期から抜け毛や薄毛、はげで悩まされている人は遺伝が原因の場合が多いと言われています。

 

最近テレビなどで良く耳にするAGA(男性型脱毛症)を引き起こす主な原因は男性ホルモンです。
その男性ホルモンの分泌量も遺伝すると言われており、親や祖父母にはげている人がいると20代から抜け毛や薄毛に悩まされる可能性が高くなります。

 

もちろんこの男性ホルモンの要因に加え、若い世代ほど食生活が乱れがちになり、加えて飲酒や喫煙の習慣から更に症状が促進することも考えられます。
「若はげ」の場合は症状が気になり出した時から早く対策を始めることにより40代、50代になってAGAを発症した人と比べると早く症状が改善すると言われています。

 

はげの遺伝は食生活も重要

まずは乱れた生活習慣を見直すことやできるだけストレスのない生活を送ること、適度に運動することを心掛けるだけで症状が改善する可能性もあるようです。
必要であれば育毛剤やサプリメントを使うことも1つの方法だと言えます。

 

しかし症状を放置しておくと改善するまでの時間もかかると言われており、何らかの対策をしても症状が改善しない場合は医師に相談するようにしましょう。